自分で処分出来るものと出来ないもの

個人で処分可なもの

まずは、自分でも処分が出来るものを取り上げていきたいと思います。

わざわざ業者に頼まなくても、自分たちだけでも処分が可能なものは、こういったものたちです。

サイズが合わないとか古くなったなどの理由で着ることが無くなった洋服やもう読まなくなったり汚れてしまった本類、使うことが無いCD類があります。
それ以外にも、余分に購入してしまった食器類や今現在使用していない化粧品なども含まれます。

では、どうやって処分していけばいいのでしょうか。
ものすごく汚れているとかボロボロになっているなどそういったものは、もう思い切ってそのままゴミとして捨てていきましょう。
逆に、新品同様にきれいだったりまだ使えそうなものなら、誰かにあげるというものいい手です。
引越しを期に断捨離というのも、悪くないですよ。

自分で処分は出来ないのもある

では逆に、自分では処理が難しいのは一体何なんでしょうか。

それは、大きめの家具や家電類があります。
具体的なものを挙げていくと、家具類だとベッドや本棚、食器棚やタンスなどが対象になります。
家電類では、TVやエアコン、洗濯機や掃除機が挙げられます。

そういったものは、前出のものと違って大きく幅も取りますし、そう簡単にゴミとして捨てるというわけにはいきません。
では、どうしたらいいのでしょうか。
答えは、プロの手を借りましょう。
こういったときに、業者を頼ればいいのです。

「お金がもったいない」とか「自分でやってみる」と考えて、自分で勝手に処分するのはNGです。
もし、そんなことをしてしまったら、しかるべき罰則を受ける羽目になりますので、要注意です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る