他にもこんな処分のやり方があります

ネット上で売る

ここ数年、特に若者に増えてきているのは、ネット上で自分で売りさばいていくという方法です。
どんなところでしていくのかと言うと、有名なオークションサイトやスマートフォンで使用出来るフリマアプリなどが主な場所です。
ただ単に捨てたりするよりも、使えそうなものはこうやって処分していくのも、ある意味エコかもしれませんね。

こういった場所でしたら、自分が売りたい値段で設定が可能ですし、先方との値段や売る商品の交渉も出来ます。
何より、顔を見て直接会って話したり接したりということが無いので、誰かと会うというストレスが軽減出来ます。

そういった背景から、むしろこちらがこれからの主流となっていくのではという予感もあります。

引き取ってもらえることも

また、その一方でこんな方法も注目されています。

有名なファッション店では、不要な洋服類を引き取るということをここ最近力を入れています。
もちろん、引き取り自体は無料ですし、店によっては割引クーポンをサービスしてくれたりということもあります。
郵送でも引き取ってくれます。

それらの服の行方はどうなるのかと言うと、いろんな国に寄付されたり格安で売られたりします。
もし、売れ無さそうだったりお店にとても置けない服があった場合は、寄付以外にもお金やワクチンに変化して、現地の子どもたちを救ったりしています。
自分が不要になった洋服が、こうやってたくさんの人たちを助けているということになると、なんか気分が違いますね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る